【最終値下げ】KORG TRINITY pro V2.4.1 フルオーバーホール済み FDDエミュレータ装備 サイドパネル、ボタンのプラ部品塗装仕上げ

¥39560

(税込) 送料込み

40
コメント

商品の説明

商品説明

当方のオーバーホール及びメンテナンスについての考え方については以下に記載したnoteの内容を参照していただければと思います。
オーバーホールってなんだろう

基本情報
KORG TRINITY pro V2
・1995年発売・当時定価:350,000(税別)・MOSS音源のSOLO-TRI標準搭載・ACCESS音源、ROM容量24MB、48kHzサンプリングでこれまでのモデルよりもハイクウォリティな波形を搭載・業界初、320x240のモノクロ液晶にタッチパネルを搭載・YAMAHA製FS鍵盤のFS-E76キーベッド搭載で現代のシンセでも敵わない最高の鍵盤を搭載
オーバーホール内容
コンデンサ全交換。電源ボードについてはオリジナル状態でも+5Vラインの平滑が足りておらず、FDDエミュレータが動作不良を起こすレベルだったので、平滑コンデンサの容量を増やして電源のクリーン化を行っています。各ボードでは電源からの入力直後にデカップリングの電解コンデンサを入れてあるので問題は起きていなかったようです。対策後、オシロスコープで実際の電源を確認しましたが、きれいな直流電源になっていることを確認しています。アナログボードについてはすべてニチコンの音響用コンデンサを使用しています。使用していますが出力音に影響は私にはわかりませんでした。そんなもんです。ボタンのタクトスイッチをAlps製のものに新品全交換LEDをレコーディングクリックの二色LED以外すべて程よい輝度の青色LEDに交換FDDエミュレータ搭載。ファームウェアはFlashFloppyを使用。FDDエミュレータには有機ELディスプレイを搭載し、ファイル選択などをファイル名を見ながら行えます。また、ロータリーエンコーダーも装備いたしましたので操作性もアップしています。サイドパネルおよびベンダーパネルの塗装。サイドパネルは傷が多く、さらに前のオーナーが無理やり取手をつけたりしてかなりイラッとすることをしてくれていたのでパテで穴埋めして表面処理を行った上、塗装しております。この箇所は塗膜強度が必要なため、高価なウレタンクリアにてトップコート処理を行っています。写真では分かりづらいですが、テカテカのツルツルです。ベンダーハウジング、ボタン等ABS素地部品の塗装。この部品郡はABS素地ですので着色されてるとは言えお約束の暗所黄変を起こしますので根本対処として塗装いたしました。この箇所についてはフラットクリアラッカーにてサラサラのつや消し仕上げを行っています。鍵盤ベロシティ検出ボードの修理。外側からだけでなく、裏蓋開けてもFDD金具のアングルに隠れるような場所を前のオーナーがどうやって壊したのが聴きたくなるくらい欠けてるレベルで基板が割れており、キーマトリクスが破壊されておりましたので、ジャンパ線でキーマトリクスの再構成を行いましたベロシティ検出MKスイッチ接点スプリングの補修。これも前のオーナーが何をどうしてこうなったんだというくらいにベロシティ検出の板バネ接点が多くの箇所で曲がっており正常なベロシティ検出ができない状態でした。この点についてすべてスプリングを補修し、演奏しておかしい場所がないか確認、違和感を感じたら補修、という工程を何度も繰り返し全域について正常なベロシティ、正常な演奏感が得られるように修理いたしました。バックアップ電池の電池ボックス化。01/Wとかでは電池ボックスだったのになぜ直付けにしたのKORGさんアフタータッチのオフセット、ゲインの調整。これは基準値というものが不明なため、MIDIOXで出力イベントを見て通常演奏ではアフタータッチが出ないけど押し込むと値が急激に変化したりせずにきちんとアンダーコントロールで演奏できるように感覚でキャリブレーションを行いました。ここも前のオーナーがいじったのかわからないですが打鍵すると即Chアフタータッチが出るレベルでめちゃくちゃになっていました。X-Zリボンコントローラーのキャリブレーション。このリボンコントローラ、実は感圧式なんです。地味に初めて知りましたおはずかしい。この値についてもMIDIイベントを見ながらアンダーコントロールで制御できるようにキャリブレーションいたしました。液晶左にあった深い傷について。液晶左にえぐれたような結構深い傷があったのでここをなんとかしようとしたのですがどうしても艶が出てしまいお手上げになったので市販のアルミヘアライン用紙で傷を隠すステッカーを作成し貼り付けております。

このように前のオーナーがなにか色々やらかしていたのを原状復帰+αの対応のほか、内部の完全リフレッシュやもとの設計が甘かった部分(電源の平滑コン)の対処、FDDエミュ装備での現代化改良などできることは全てやりました。

付属品
写真で撮り忘れましたが、紙のマニュアル一式(多分)が付属します。
その他は電源ケーブルと初期化FDDイメージの入ったUSBメモリが付属品となります。

余談
TRINITYが登場した当時、部活帰りに毎日のように楽器屋に通い様々なマシンを弾かせていただいておりました。そんな中、シンセといえば黒一色みたいなところに銀色に輝くこのTRINITYが現れました。
かなり弾き倒させていただいたんですが、これまでのKORGのM1から続くAI系音色とはあまりにも違うものすごいクリアでそれでいて芯もコシもある出音に大変驚いたものです。ただ、学生にはあまりにも高価過ぎてとてもじゃなくても購入できるようなものではありませんでした。出音だけでなく、それまでは大画面といえばDMF5005の240x64液晶を指すような時代に320x240のSTN液晶にタッチパネルといろいろと衝撃を受けたものです。まぁ、タッチパネルでスライダー操作とかはぶっちゃけやりづらいですけどね。
TRINITYの次にはTRITONシリーズが発売され、現在私個人も初代TRITONを所持して時々弾いていますが、同じシリーズの用に見えてこの二機種はなんとなく別シリーズのように感じます。なんて言ったらいいかわかりませんがTRITONはTRINITYよりも汎用的に使えるようにしたというかちょっと大人しくなったかな、みたいに感じます(個人の感想)。ですので今回縁あってTRINITYでしかもSOLO-TRI搭載のTRINITYproを手掛けることになって、とにかく今私のできることをすべてやってやろうということで仕上げてみました。
昨今のコストダウンと戦った結果であろう鍵盤とは次元の違うFS鍵盤ということもあって仕上がったものをいくら弾いても飽きないマシンです。
重量が17.5kgと現代のマシンだったらフルウェイト88鍵の機種並の重量ですが、それは鍵盤Assyの重量や内部の合成確保のためのサブフレームなど当時のKORG技術陣の全力が注がれた一台です。
今後どこまで持つかは液晶次第ですが少なくとも10年以上は使ってもらいたいという思い出O/Hいたしました。
数字的なスペックでは現在のエントリーマシンと比べると足元にも及びませんが、当時の技術者の本気の一台、ぜひ多くの人に弾いていただきたいと思います






別サイトでも販売中のため、早期終了する可能性があります。



(2023年 7月 15日9時 23分 追加)
FDD Emulatorのベゼルは以下に出品しているものとおなじ外装にしてあります
KORG TRINITY pro その2 液晶、タッチパネル新品交換、液晶LEDバックライト化改造、FDDエミュレータ搭載、鍵盤O/H済み他39560円【最終値下げ】KORG TRINITY pro V2.4.1 フルオーバーホール済み FDDエミュレータ装備 サイドパネル、ボタンのプラ部品塗装仕上げホビー、カルチャー楽器、器材










もっと見る

商品の情報

カテゴリー
配送料の負担
送料込み(出品者負担)
配送の方法
ゆうゆうメルカリ便
郵便局/コンビニ受取匿名配送
発送元の地域
宮城県
発送までの日数
1~2日で発送

メルカリ安心への取り組み

お金は事務局に支払われ、評価後に振り込まれます

出品者

スピード発送

この出品者は平均24時間以内に発送しています

【最終値下げ】KORG TRINITY pro V2.4.1 フルオーバーホール済み FDDエミュレータ装備 サイドパネル、ボタンのプラ部品塗装仕上げ

この商品を見ている人におすすめ